日本に於ける模擬国連活動の歴史

 日本において模擬国連は、1980年代、欧米の教育機関への留学から帰国した教員や学生により次第に大学や高校の授業に採り入れられるようになりました。

 その流れを受け、1983年に上智大学において緒方貞子教授(当時)の顧問の下「模擬国連実行委員会」が発足し、模擬国連全米大会に日本代表団を派遣し始めました。これが、当事業の始まりです。そして、これを期に日本国内への模擬国連の普及がなされ、現在では全国の学生が主に課外活動として取り組んでいます。

 また、現在模擬国連は、模擬国連活動に携わる大学生で構成される全国規模の組織である「日本模擬国連」を中心に、様々な研究会・支部を有するほか、最近では高校生の活動者も急増しています。

 

  【Recent News】

・第34代派遣団員の応募開始のお知らせを掲載しました。

第34代運営局員を掲載しました。

第34代団長挨拶を掲載しました。

・外務省より「日本の国連加盟60周年記念事業」に認定されました。

【協賛財団・企業様】

以下敬称略

株式会社アルファ・アンド・カンパニー

国連広報センター

双日国際交流財団

三菱UFJ国際財団

 

万博記念基金

 

【後援団体】

外務省*

国連広報センター

国際人材創出センター

日本国際連合協会

米国大使館

文部科学省

 

*弊事業は外務省の定める「日本の国連加盟60周年記念事業」のひとつです。

アルバイトは塾講師ナビ