全米団30年のあゆみ

 当事業は、1984年に最初の日本代表団が派遣されて以来、模擬国連会議全米大会へ代表団を派遣しております。2013年度にめでたく30年目を迎えることが出来ました。このページでは全米団30年のあゆみを紹介させていただきたいと思います。

 

1984年

はじめて代表団が派遣されました。日本での模擬国連の始まりの年でもあります。

現在当事業の顧問でいらっしゃる星野先生が代表として会議に参加されました。

 

1987年

数々の困難を乗り越えて、代表団として初の賞を頂きました。

最優秀代表団賞をオールド・ドミニオン大学と共に頂きました。

 

1991年

フェニックス大学との合同チームは、二度目の最優秀代表団賞を頂きました。

日本の模擬国連会議ではあまり見かけない、麻薬委員会や多国籍企業委員会などに代表団が参加しました。

 

1995年

オースティン大学との合同チームは、三度目の最優秀代表団員賞を頂きました。

欧州安全保障機構や世界社会開発サミットなどの会議に代表団は参加しました。

 

2009年

現在の団員育成プログラム(DDP)を事業として導入いたしました。

2009年以降は毎年受賞させていただいております。

 

2013年

第30代日本代表団とニューメキシコ州立大学の合同チームは個人で7つ、団体で優秀代表団員賞、合計8つの賞を頂きました。

 

 全米団派遣事業は30年の歴史を胸に、先人の功績に恥じないようこれからも成長していきます。

 

【協賛財団・企業様】

以下敬称略

株式会社アルファ・アンド・カンパニー

国連広報センター

双日国際交流財団

三菱UFJ国際財団

関西・大阪21世紀協会

 

【後援団体】

外務省*

国連広報センター

国際人材創出センター

日本国際連合協会

米国大使館

文部科学省

 

アルバイトは塾講師ナビ