DDPⅠ終了報告

当事業は10月28日-29日に、来春の全米大会に向けて団員育成を行う「団員育成プログラム(DDP: Delegate Development Program)」を行いました。

 

今回のDDPでは、様々なコンテンツを用意し、団員の全体的な能力の向上を目指しました。特に、今後の政策立案や会議行動の基礎となる論理的思考力を重視したプログラムについては、重点的に実施しました。まず、論理的思考とは何か、そしてどのように思考することが重要であるかを講義形式で説明しました。その後、グループディスカッション形式で、論理的思考力の実践を行いました。結果、はじめは上手く思考することができていなかった団員たちも、何回も実践を重ねるうちに、論理的に思考することができるようになりました。

 

その他にも、政策立案の基本である問題分析に関する講義や、英語を実践的に使えるようにするためのコンテンツを実施しました。

 

次回DDPは、関東と関西の2地域に分かれて行います。次回DDPまでに、団員各自が今回のDDPで見つけた苦手を克服できるよう、個人DDPなどを実践していきます。

 

2017年10月30日

模擬国連会議全米大会第35代日本代表団派遣事業

DDP (団員育成プログラム) 担当 久米竜樹

【協賛財団・企業様】

以下敬称略

国連広報センター

双日国際交流財団

三菱UFJ国際財団

関西・大阪21世紀協会

公益財団法人 平和中島財団

 

【後援団体】

外務省

文部科学省

国際人材創出支援センター

米国大使館

文部科学省

オーストリア大使館

 

 

※オーストリア大使館様につきましては、2018年度政策発表会にのみご後援いただきました。