【DDPα終了報告】

こんにちは、全米団派遣事業第34代運営局です。

2016年10月29,30日に行われた最初の団員育成プログラム(DDP)となるDDPαの報告をこの場をお借りして述べさせていただきます。

 

29日には、最初に自己紹介というテーマで34代団員に英語プレゼンをしてもらいました。慣れないプレゼンでも、局員からのコメントや指導を受けてより良い発表にできるよう奮闘している様子でした。

 

午後からは、議論の方法について講習を受けた後、実際に「若者にとっての豊かな社会」というお題のもと団員どうしでディスカッションを行いました。団員たちはいままでは意識していなかった議論の進め方やタイムマネジメントなど今後のDDPなどにもつながる発見をしました。

 

 

30日には、前日にも行った自己紹介プレゼンのブラッシュアップを行い、再度発表を行いました。一回目に比べると目に見える違いが表れており今後の成長に期待が高まる結果になりました。

 

午後には思考における演繹法と帰納法についての講習を受けてから、日本の教育システムについての長所と短所をその2つの思考法を使いながら発表してもらいました。

 

さらにそのあとに、ある島の観光計画について2つの陣営に分かれての英語交渉ゲームを行いました。日本ではあまり行われない英語での議論・交渉というものを実践してもらって、その難しさと楽しさを実感してもらいました。

 

 

 

次回のDDP(11月19,20日)では全米大会のそれぞれの議場での優先議題についてプレゼンを行ってもらいます。それまでに各団員はサポーターと一緒にプレゼンの練習や個人DDPをこなしていきます。

 

団員たちのこれからの成長にご期待ください!

 

 

全米団派遣事業第34代運営局一同

  【Recent News】

・第34代派遣団員の応募開始のお知らせを掲載しました。

第34代運営局員を掲載しました。

第34代団長挨拶を掲載しました。

・外務省より「日本の国連加盟60周年記念事業」に認定されました。

【協賛財団・企業様】

以下敬称略

株式会社アルファ・アンド・カンパニー

国連広報センター

双日国際交流財団

三菱UFJ国際財団

 

万博記念基金

 

【後援団体】

外務省*

国連広報センター

国際人材創出センター

日本国際連合協会

米国大使館

文部科学省

 

*弊事業は外務省の定める「日本の国連加盟60周年記念事業」のひとつです。

アルバイトは塾講師ナビ